アドセンス審査に通らない人へ

このページはGoogleアドセンスの審査を何度受けても通らない人向けの記事です。

ゲームやトレンドブログは画像に注意

ゲームやトレンドブログを運営していて審査に通らない人は、ブログ内で扱う画像に注意しましょう。

画像は著作権がらみでアウトになる可能性があります。
ゲームのキャプチャー、有名人の顔、企業のロゴ、、、

※画像使用が全てダメということではありません。業界では暗黙の了解でスルーされていることが多いです。しかし完全にNGとしている企業もあります。そこにひっかかるのが一番のリスクになります。

画像をばんばん使ってアドセンス審査に通っている人もいます。

しかし、審査に通るまでは極力リスクを抑え文章中心ですすめるのが得策だと考えます(ゲームブログやトレンドブログで、画像なしは厳しいと思いますが)

トレンドブログは誹謗中傷に注意

トレンドブログに多いのが、根拠のない記事を書いて企業に訴えられるパターン。(個人の誹謗中傷も同様)

最近ネットの誹謗中傷による訴訟問題が増えています。
個人のブログだから、みんな書いているから、、、と油断していると、ある日あなたが訴えられているかもしれません。

訴訟問題になりかねないブログに、広告を表示するのはGoogleアドセンスの信用を落とすことになります。

なので、審査基準になっている可能性が高いです。
事実ならまだしも、根拠は希薄な記事が混ざってないかを確認しましょう。

※「企業名や個人名の一部を伏せ字にすれば大丈夫!」ということはありませんのでご注意ください。

分析前に記事や文字を増やさない

審査に通らない要因として、コンテンツ不足の可能性があります。
具体的にいうと、「記事数や文字数が足りない」

しかし、審査に通らない原因を分析せずに、記事数を増やしても意味がありません。
例えば、Googleのガイドラインに反する記事を、いくら書き増やしても、審査には通りません。

記事や文字が増えるほど、審査に通らない原因分析が面倒になります。
「ガイドライン違反なし&数記事」のブログで審査に落ちたなら、記事を増やせば受かる可能性は高い。

しかし20記事以上のブログなら、30記事に増やす前にやることがあります。
それは、最初の20記事から問題点を洗い出すこと。

問題点を見つけて削除して再審査を受ければ通るかもしれません。
ページや文字を増やすより削ることで合格することもあるのです。

むやみに記事や文字を増やすと、問題を複雑にするので注意しましょう。

記事の問題点の探し方については、以下のリンク先ページにまとめてあります。

アドセンス審査に落ちた理由は?

この記事を書いた人
松風

2007年アフィリエイトを開始。

「エッグジョブ」「アフィリエイトアンサー」の講師を務めています。(2021年現在)

1000人以上のサポート経験を活かし、かゆいところに手が届く情報発信をしています。
取得資格
・Google広告「ディスプレイ広告」認定資格
・Google広告「検索広告」認定資格
・マインド・リーディングスペシャリスト
・進路アドバイザー

>>資格一覧を確認する

松風をフォローする
アドセンスの始め方講座
~アドセンスシンキング~ ブログで稼ぐための戦略と戦術
タイトルとURLをコピーしました