Googleの修正がエグい!ディスクリプションで全て暴露される

今回のテーマは、、、
「ディスクリプションの修正がエグい」です。

Googleがタイトルやディスクリプションを
修正するのは昔からありました。

※ディスクリプションとは
検索結果でタイトルの下に表示される文章のこと。

※別にGoogleはこちらが設定した通りに
検索結果に反映する義務はなく
あくまでも参考にするだけなので、
「修正」という表現は正しくないかもですが。

設定したディスクリプションではなく
導入文を表示することはありました。

しかし、最近出し方がエグいです。

・ユーザーが一番知りたい部分
・こちらが先に見られたない部分を
ディスクリプションに表示します。

例えば検索意図が
料金の相場を知りたいとしましょう。

※キーワード自体には「料金」は含まれてない

するとディスクリプションに
————————————————–
(サービス名)◯◯◯◯円、(サービス名)◯◯◯◯円
————————————————-

みたいにして本文から
データを抽出して表示します。

結論を先に出すことは大事です。
さらに情報を知りたい人は
サイトの中身も見てくれます。

ただ、ケースバイケース。
ものによっては
検索結果で終わる場合も
多いのではないでしょうか?

今回ご紹介したパターンの
ディスクリプションは
まだそれほど多くはないです。

夜中に見ると多いので
テストしている段階かも。

いずれにせよ、、、
Googleが決めたルールの中から
最適解を見つけるしかありません。

もしこのパターンが通常になったら
どう動くべきかを
今から考えておいたほうが良いです。

私ならディスクリプションの書き方を
Googleのルールに寄せつつ
続きが読みたくなる一文を混ぜて
アクセスを集めます。

すでにテストブログで実践中です。

データがとれたら
このお手紙や松風特典に
反映させていきます。

この記事を書いた人
松風

2007年アフィリエイトを開始。

「エッグジョブ」「アフィリエイトアンサー」の講師を務めています。(2021年現在)

1000人以上のサポート経験を活かし、かゆいところに手が届く情報発信をしています。
取得資格
・Google広告「ディスプレイ広告」認定資格
・Google広告「検索広告」認定資格
・マインド・リーディングスペシャリスト
・進路アドバイザー

>>資格一覧を確認する

松風をフォローする
松風日記
~アドセンスシンキング~ ブログで稼ぐための戦略と戦術
タイトルとURLをコピーしました