アドセンス広告を間違えてクリック。ブログ運営者の対処法


グーグルアドセンスでは広告の自己クリックが禁止されています。
ブログの記事をチェックしているとき、「間違えてをクリックしたら?」「対処法はあるのか?」を解説します。

『結論】アドセンス広告を間違えてクリックしてもそのままでOK

「自己クリックしてしまいました」と報告しなくてokです。
というか、報告する場所がありません。

管理画面上の数値は、一瞬だけ増えますがすぐに戻ります。
もしくは最初から、数値に変動はありません。

「自己クリックすると警告やアカウント削除がある」と聞いたことがあると思います。
たしかにその通りですが、程度の問題で、1回でどうこうの話にはなりません。

誤クリックしやすい場所に広告を表示しない

そもそも論として、あなたが間違えて広告をクリックした理由は何でしょう?

スマホをスクロールしていて、コンテンツと広告との区別がつかない表示の仕方をしていませんか?

別のページへの内部リンクの近くに、アドセンス広告が表示されていませんか?

リンクとリンクの距離が近すぎると、誤クリックを誘発しやすくなります。

検索ユーザーが意図しないクリックは、たとえクリックしたとしても報酬は入りません。
誤クリックが続くと、単価がどんどん落ちていきます。

もし、あなたが間違えてアドセンスをクリックした原因が、上記に該当するなら広告の配置場所を検討しましょう。

間違えて広告をクリックしないための予防法

ここからは誤クリックの予防法について話します。
スマホの場合、広告をブロックする方法は2つ。

・スマホ本体の設定からやる

・専用アプリを入れてブロックする

おすすめは後者です。

ブログ運営者の場合、広告が表示されているかをチェックをしたいときがあると思います。

スマホ本体で広告をブロックすると、戻すのが面倒。

アプリなら、オンオフの切り替えが簡単です。

この記事を書いた人
松風

2007年アフィリエイトを開始。

「エッグジョブ」「アフィリエイトアンサー」の講師を務めています。(2021年現在)

1000人以上のサポート経験を活かし、かゆいところに手が届く情報発信をしています。
取得資格
・Google広告「ディスプレイ広告」認定資格
・Google広告「検索広告」認定資格
・マインド・リーディングスペシャリスト
・進路アドバイザー

>>資格一覧を確認する

松風をフォローする
アドセンスの始め方講座
~アドセンスシンキング~ ブログで稼ぐための戦略と戦術
タイトルとURLをコピーしました