アドセンス審査に必要な記事数は?

このページでは、Googleアドセンス審査に必要な記事数について解説します。

Googleアドセンス側から、記事数についてのアナウンスはありません。
何記事書けば合格できるんだろう?と疑問をお持ちの方も多いと思います。

アドセンスに記事数は関係ない

30記事書いても審査に落ちる人もいますし、数記事で合格する人もいます。
さすがに1記事での合格は聞いたことがありません。

Googleアドセンスの細かな審査基準は公開されていませんが、「記事数」が評価の最優先事項ではないのは確かです。

合格のコツ:サイト全体のイメージが伝わる記事を書く

特化ブログ(ひとつのテーマを掘り下げる)を作り、10記事書いてアドセンスの審査に出したとします。

テーマ(メインキーワード)に対し、コンテンツが足りないと審査に落ちる可能性があります。
「10記事だから落ちる」のではなく、テーマに対してコンテンツが足りなすぎて落ちるということです。

コンテンツを100%完成させないと、審査にだせない!ということはありません。
10記事だとケースバイケース、記事数が30を超えれば中身しだいだと考えています。

「こういうブログを作りたい!」というゴールがあると思います。
それに対して未完成で審査に出しても問題ないのですが、明らかにコンテンツ不足だと審査に落ちます。

あなたが言いたいことだけを記事にしても、Googleアドセンスがコンテンツ不足だと判断することもあります。
審査に出す前に(もっと言えばブログを作る前に)、テーマの全体感を紙に落とし込みましょう。

審査は焦らなくて良い。計画的に進めましょう

(テーマに対して)記事数が少ない段階で、焦ってアドセンスの審査に出す必要はありません。

検索エンジンから、いきなり膨大なアクセスが飛び込んでくることはありません。

特に新規ドメインは、集客が安定するまでのタイムラグが大きいです。

つまり、落ちるリスクをおってまで、早く審査に出すメリットはありません。

焦らず、ある程度の全体感が伝わるコンテンツ(記事)を入れましょう。

とはいえ、記事数が何百にもしてから審査に出すのもオススメしません。

なぜなら、コンテンツの内容で不合格になっている場合、原因のページを特定するのに膨大な時間がかかるから。

おすすめの記事数:30記事

コンテンツ不足、修正を考慮すると、、、

「30」は多くもなく、少なくもない記事数だと考えます。

>>アドセンス審査の手順は?

この記事を書いた人
松風

2007年アフィリエイトを開始。

「エッグジョブ」「アフィリエイトアンサー」の講師を務めています。(2021年現在)

1000人以上のサポート経験を活かし、かゆいところに手が届く情報発信をしています。
取得資格
・Google広告「ディスプレイ広告」認定資格
・Google広告「検索広告」認定資格
・マインド・リーディングスペシャリスト
・進路アドバイザー

>>資格一覧を確認する

松風をフォローする
アドセンスの始め方講座
~アドセンスシンキング~ ブログで稼ぐための戦略と戦術
タイトルとURLをコピーしました